ローン診断サービスからのご案内

こちらのサービスはJCIC(日本信用情報コンサルティング協会)にて手続きを提供しております。

ローンの審査に落ちた理由
誰に聞けばいいの?
ローンの審査に落ちた、あなたへ
ローンの審査に落ちたけど、金融機関が理由を教えてくれない。自分はいつになったらローンが通るのか?、一体、何が原因でローンが通らなかったのかを知りたいという人は、ご覧ください。
まずは個人信用情報を取得する

あなたがローン審査に落ちた理由、それは全て個人信用情報開示書に記載されています。信用情報機関は3つあり、3機関、全て取得しなければ、意味がありません。

Z

個人情報なので本人しか取れません

Z

信用情報の機関は3つあります

Z

500円〜1000円で取得できます

Z

スマホ・郵送でも請求できます

なぜ3つの機関で取得するの?

3つの機関は、タイプ別の機関です。クレジット系・キャッシング系・銀行系といった、別々の機関になるからです。
Z

CIC・クレジット系

Z

JICC・キャッシング・サラ金系

Z

JBA・銀行・信金系

あなたの情報がどの機関に載っているかは、あなたしかわかりかせん。銀行で借りていないとしても、JBAの信用情報もチェックするべきです。あなたが忘れていることもあるからです。
まずは取得しましょう
CICでの信用情報開示について
● スマホ・郵送・窓口開示
● 窓口:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡
● 手数料:スマホ・郵送開示(1000円)/窓口開示(500円)
※ CIC・JICCのみ本人開示なら免許所やパスポートがあるなら身分証明書が不要ですので窓口での開示がスムーズです。
JICCでの信用情報開示について
● スマホ・郵送・窓口開示
● 窓口:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡
● 手数料:スマホ・郵送開示(1000円)/窓口開示(500円)
※ CIC・JICCのみ本人開示なら免許所やパスポートがあるなら身分証明書が不要ですので窓口での開示がスムーズです。
JBAでの信用情報開示について
● 郵送開示のみ
● 窓口での開示:未対応
● 手数料:郵送開示(1000円)
開示書が届いたら
Z

開示書を見る

CIC・JICC・JBAは、別々の信用情報機関です。ですから、開示書のフォーマットや表記は、全くといって違います。
Z

説明書が付いています

初めて見る人がほとんどでしょう。ですが、どうやって見たらいいかの説明書も同封されています。細かな説明ですが、開示書と照らし合わせて、原因を解明しましょう。
Z

見ても解らなかったら

各機関に問い合わせしましょう。必要最低限のことは説明してもらえるでしょう。ただ、つまりどうなのかという事に関して、個人的なアドバイスなどはありません。その他、ネットで調べてみるという方法もあります。
見れば解るものですか?
人それぞれでしょうが、一般的には難しいかもしれません。馴染みのない金融系の言葉や単語ばかりです。記載内容の意味を理解するには、最低限の金融用語を覚えるが必要かもしれません。
Z

実は良い情報も載っています

Z

そして悪い情報も載っています

信用情報には、あなたがきっちと支払っていれば、その情報も記載されていますし、支払いが遅れた情報なども記載されているのです。なので、どの情報が良い情報で、どの情報に問題があるのかが、判断が付かない人がほとんどのようです。

解らなければ専門家に聞く

信用情報コンサルタントに頼むことができます。頼めば、あなたの信用情報を見て、アドバイスをしてくれるサービスです。レポートの内容はこんな感じです。
Z

JICC ◯ページの◯◯が問題です。〜して下さい

Z

この情報は◯年◯月に、削除されます

Z

結果、◯年◯月以降、審査に通ります

Z

その他のページは、良い情報です

上記は、簡単に書いていますが、人それぞれですが、数十枚も情報が出る方もいらっしゃいます。あなたの開示書から、何が問題で、いつになったら審査に通りやすくなるか、さらに、今後、どの様にすれば改善されていくのかといった、アドバイスをレポートに纏めてくれるサービスです。
どこにいるの?
JCIC(日本信用情報コンサルティング協会)のコンサルタントになります。このページからしかお申し込みできません。
Z

日本で唯一提供されているサービスです

Z

弁護士や司法書士も回答できない分野です

Z

郵送で全国どこでも対応可能です

Z

個人情報を伏せて依頼できます

申し込みは簡単?
申し込み用紙に必要事項を記載して、開示書を同封して送るだけです。
Z

個人情報はマジックで塗りつぶすから安心

Z

申込書と開示書のコピーを送付するだけ

Z

1週間で届きます

Z

料金は、29,800円です

Z

クレジットで決済ができます

● 携帯電話会社・金融会社が加盟する信用情報機関

企業によって加盟している信用情報機関は異なります。特定の一社に加盟しているケースもあれば複数の信用情報機関への加盟をすませている場合もあります。各社のホームページに加盟機関、提携機関が掲載されています。

● CIC加盟/提携

Docomo・SoftBank・au・プロミス・アコム・アイフル・レイク・オリエントコーポレーション(オリコ)・セディナ・ジャックス・みずほ銀行カードローン・その他

● JICC加盟/提携

Docomo・SoftBank・au・プロミス・アコム・アイフル・レイク・オリエントコーポレーション(オリコ)・セディナ・その他

● JBA加盟/提携

Docomo・SoftBank・au・みずほ銀行カードローン・三菱UFJ銀行カードローン・オリックス銀行カードローン・りそな銀行カードローン・その他

Q & A

総量規制とは何ですか

総量規制とは貸金業法で定められた規制です。この総量規制により貸金業者は利用者の「税込年収(※)の3分の1」を超えて貸付けることができなくなりました。たとえば年収600万円の人の場合、貸金業者からの貸付は合計200万円までに制限されます。ある貸金業者からすでに100万円を借入れていたら追加で借りられる金額は最大でも100万円です。※自営業・個人事業主の場合は「事業収入から経費を差し引いた金額」となります。

総量規制で自動車ローンが制限されることはありますか?

結論からいうと自動車ローンは総量規制の対象になりません。自動車ローンには下記の2タイプがありますが、いずれも総量規制の対象外なので影響は受けません。法律上は自動車ローンで年収の3分の1超の金額を借入れることもできます。

総量規制の対象になるのはどの借入れですか?

消費者金融やクレジットカード会社のカードローンやキャッシングは総量規制の対象となります。その他、以下も対象となります。

・住宅ローン
・教育ローン
・フリーローン
・各種ローン
・クレジットカードのリボ払い
・分割払い(ショッピング利用)
・携帯電話の割賦払い
・奨学金の支払い
・家賃

キャッシングしててもローンを借りられる?

キャッシングやカードローンを何度も繰り返し利用していたり、複数社から借りていたりすると審査に落ちる可能性は高くなります。とくに評判のよくない中小消費者金融を利用していると悪印象です。また、銀行カードローンや消費者金融キャッシングの利用限度額の総額が、申込者の年収を超えるようだと審査通過は困難です。

他社借入れがあってもローンを借りられる?

他社借入件数・契約件数(他社借入件数や契約件数は少ないほどよい)によっては審査通過が難しくなることがあります。他社借入に含まれるローンの種類は業者によって違います。